中小物流事業者の為のシステム導入のアドバイス

まずは一言

運送業界を取り巻く様々な環境を考えてみると事業主様は夜も眠れない日々が続くほど不安要素は多いと思いますが具体的なIT戦略をもって取り組んでいらっしゃる事業主様が一体どれくらいらっしゃるでしょうか?「IT-Truck」を利用しても燃料費高騰に歯止めをかけることは出来ませんがそれを利用し経営管理をきちんと行うことで運営費用を圧縮することは可能です。

物流界のニーズにジャスト・フィット!

業界を問わずIT化を検討する場合、どの部門の情報のやりとりが、どのような手段で進められているのか、二度手間以上の不効率な情報処理がおこなわれていないか等を確実に把握しておく必要があります。運送業界に関して言えば社内は勿論、ネットワーク化が加速していく今後は社外(発荷主・着荷主・同業者)との情報連携が相互の利益に繋がっていくという考えが一般的になってきています。そういった社内・社外との情報連携を重視し「IT-Truck」を選ばれたユーザー様も増えてきています。

  復唱しますが「IT-Truck」は物流事業者向けの”基幹系”システムでありその機能は実に多彩です。(詳しくはIT-Truck機能紹介でご確認ください。)以下の図・1は今まで一般的に考えられてきたシステムレベル(性能)と投資額についての図ですが従来のaspシステムは機能が極端に限定的であった為か一般にあまり普及しませんでした。
   しかし「IT-Truck」では設計の段階から低価格・高機能を意識し開発され度重なるバージョンアップを遂げてきた結果、お客様からは↓のようなイメージに仕上がっているという評価をいただいております。

システムマトリックス表_図・1

システムにお金は掛けたくない!

「システムにお金は掛けたくないがきちんとしたものを利用したい!」が事業主様の気持ちだと認識しているので長文は控えますが最後に中小企業が業界のほとんどを占める物流のシステムについて一言わせてください。
  ”オーダーメイドシステムにはない価格性、パッケージシステムにはない時代性、市販ソフトにはない柔軟性と特質性。これら全てを吟味し今後業界に広がる情報共有という概念に対応していこうと考えるのであれば「IT-Truck」が最も有効な手段だと考えます”