NOx・PM法

トラックが荷主倉庫に集荷へ来た時点で適応車か否かをチェックします。

概要

  • 荷主側に「IT-Ecostation」、運送事業者側に「IT-Truck」が導入されていて運送事業者の車両マスタ情報が共有化されていることが前提です。
  • 「電子車両証」(フェリカカード)が必要になります。
  • デバイス機器として「フェリカカードリーダ」(1個3000円程度)が必要です。(荷主、運送事業者の両者)
  • 荷主側はトラックが倉庫に進入したときから配送に向かうまでの間(トラックが倉庫敷地内にいる間)にフェリカリーダに「電子車両証」を読み込ませることが必要です。